[ウェブシステム開発]VirtualBoxのインストール

VirtualBoxをWindows 10にインストールしました。

以前は開発用のサーバーとなると、オンプレミスで用意して、OSのインストールをゼロから行う手間のかかる作業をしていましたが、VirtualBoxのおかげでWindowsパソコンでUbuntu、CentOSも動かすことができるようになりました。仮想化環境で開発・検証を行いたい場合に適しています。

おすすめの使い方

クローリング&スクレイピングの開発をするために以下の書籍を参考にしました。
『Pythonクローリング&スクレイピング データ収集・解析のための実践開発ガイド』(技術評論社)

著者お薦めの方法が「VirtualBoxとVagrantの組み合わせ」です。

VirtualBox は x86 ベース・システム用の強力なクロスプラットフォーム仮想化ソフトウェアです。
「クロスプラットフォーム」とは、Windows、Linux、Mac OS X、さらに Solaris x86 コンピュータにインストール可能であることを意味しています。 また、「仮想化ソフトウェア」とは、同じコンピュータ上で同時に複数の OS を実行する複数の仮想マシンを生成、実行できることを意味しています。たとえば、Mac 上で Windows と Linux を実行したり、Windows PC 上で Linux と Solaris を実行したり、Linux システム上で Windows を実行したりすることができるのです。Oracle VM VirtualBox は、Windows、Linux、Mac OS X、Solaris に対するオープンソースまたはビルド済みバイナリとして 入手可能 です。
ORACLEサイトからの引用

 Vagrantを使うことで、OSのインストールが楽にできます。これは便利!
今回はUbuntuをインストールしました。Vagrantインストール後、Windowsのコマンドプロンプトで仮想マシンを起動し、指定したディレクトリにboxをダウンロードし、Vargarnt init コマンドの引数にBox名を指定してVagrantfileを生成。その後は生成されたファイルに設定を追加すれば完了です。

Vagrantとは
Vagrantは仮想マシンを簡単に立上げ、削除、管理できるオープンソースソフトウェアです。Boxと呼ばれる仮想マシンのテンプレートをダウンロードすれば、仮想マシン作成時にOSのインストール作業をせずに済みます。
『Pythonクローリング&スクレイピング データ収集・解析のための実践開発ガイド』(技術評論社)から引用

【ゲストOSにSSH接続する】
PuTTYを使ってSSH接続に成功しました。

 

関連記事

  1. [CakePHP3]2つのデータベースを設定し同時に使用する

  2. [英会話ダイアログ・サイト]システム開発者向けの英会話ダイアログを追加…

  3. [Amazon Polly]SSMLタグで発音記号を使用する

  4. [Python]pip(パッケージ管理システム)アップグレード

  5. [AWS Amazon Connect]東京リージョンで一般提供開始

  6. [Google Search Console]サイトマップの登録

  7. Amazon Echo

    [ウェブシステム開発]Alexa開発スキルを学ぶ:その1

  8. Amazon Echo

    [ウェブシステム開発]Amazon Alexa開発:音声デザインガイド…

最近の記事

PAGE TOP