[音楽でお金を稼ぐには?:マネタイズを考える]

楽曲制作のプロを目指す人、あるいはプロとして活動中の一人のミュージシャンにとって楽曲を世に出してセルフプロモーションするという作業は、かなりのパワーを要します。

自主制作CDを作って、ライブハウスでライブ終了後にファンに買っていただくというインディーズアーティストの地道な活動プロセスがありますが、新型コロナウイルスにより、ライブもままならない事態が2020年に起き、パフォーマンスやプロモーション方法の変革を余儀なくされる事態となりました。

iPhoneで音楽制作するミュージシャン、ボカロをベースにしたミュージシャンの日本国内での活躍を見るにつけ、音楽事務所を介して成り立っていたこれまでの音楽ビジネスの形態や音楽そのものの概念を覆す転換期に入っていると思います。

ウェブサイト、SNS、動画配信、ストリーミングサービス、ダウンロードサービスを活用することにより、プロモーションから販売までソロで活動できる時代になりました。ライブハウス、ストリートでの演奏など、ローカルをベースにしたウェブプロモーションも大事で、今なお売れるための起爆剤になる可能性はあるわけですが、より多くのファンをつかむには、有料のデジタルプラットフォームを使うという方法もあるようです。

動画投稿サイトVimeoが運営するブログ「Vimeo blog」(英文)に音楽のマネタイズについての記事が掲載されています。(掲載日:2021年3月19日)

筆者にとってとても有益な情報でしたので、一部を引用して記事掲載させていただきました。下記日本語文はオリジナルの文章をGoogle翻訳にて出力しそれに筆者の微調整日本語訳を加筆、修正しています。下記オリジナルのブログでは、記事の最後の方にマネタイズのためのVimeo動画活用を勧める流れになっており、記事広告的な部分もありますので、その点ご了承ください。

※下記ブログで紹介されているサービスは海外で提供されているため、日本国内向けのプロモーション、音源販売を企画している方には適していないサービスもあります。
※下記情報は掲載日時点(2021年3月19日)の内容ですので、今後サービスの内容が変更される場合があります。

参考サイト:動画投稿サイトVimeoが運営するブログ「Vimeo blog」:How to make money with music? A guide to music monetization.

『音楽でお金を稼ぐには? A guide to music monetization』

What is music monetization?

アーティストが楽曲でお金を稼ぐには、ロイヤルティを所有している必要があります。ロイヤルティとは、曲が販売または収益化されるたびに、その曲を所有する人に支払われる金額です。

ロイヤルティは2つの別々の著作権に分類されます。
・作曲の著作権:歌詞とメロディーを書いた人
・録音物の著作権:通常、レコードレーベルとレコーディングアーティストに帰属します

ストリーミングでの収益性は低い

2020年の第1四半期に、世界中の音楽ストリーミング加入者は4億人に増加し、2019年上半期の3億500万人未満から増加しました。ストリーミングの成長は音楽業界全体を健全に保つためには素晴らしいことですが、ほとんどのアーティストはストリーミングからお金を稼いでいません。

アーティストがストリーミングサービスから稼ぐお金は、ロイヤルティから来ています。Spotifyを運営する企業の記録によると、ストリームごとの平均支払い額は0.006ドルから0.0084ドルの間です。ストリーミングは曲を何百万もの耳に届ける可能性を秘めた強力なツールですが、必ずしも最も収益性が高いわけではありません。

音楽をマネタイズするための3つの方法

流通プラットフォームを利用する

確かに、アーティストはストリーミングであまりお金を稼いでいませんが、露出とアクセシビリティのためにオンにすることは重要なチャネルです。

配信プラットフォームは、ストリーミングサービスからロイヤリティを配信および収集します。これらのプラットフォームの多くは、Spotify、Apple Music、GooglePlayなどの主要なストリーミングプラットフォームに音楽を送信できます。ジャンル固有のリスナーに対応する、よりニッチなプラットフォームに配布するものさえあります。

これらのプラットフォームの多くの利点は、広告やプロファイル管理の機会を提供することです。つまり、音楽を配信すると、これらのプラットフォームは視聴者を増やすのに役立ちます。アーティストはこれらのプラットフォームの一部に無料でアクセスできますが、ほとんどは有料です。プラットフォームを選択するときは、優先順位を考慮する必要があります。すでに自分でソーシャルメディアマーケティング戦略に取り組んでいる場合は、流通のみに焦点を当てたプラットフォームを好むかもしれません。また、プロデューサーの調達を検討している場合は、配信プラットフォームにさらに投資することで、制作を完遂させることができます。

最も人気のある配布プラットフォームのいくつかを次に示します。

Amuse

アミューズは、ソングライターがすべての著作権を保持できるようにする無料のモバイル配信ネットワークです。そのプロバージョンでは、InstagramやTikTokなどのソーシャルメディア配信も可能です。独立したアーティストや発見を求めているアーティストに最適です。

Spotify for Artists

Spotify for Artistsは、Spotifyでのみ配布されます。 Spotifyには90を超える市場に3億4500万人以上のリスナーがいるため、これは一部のアーティストにとって大きな魅力です。Spotifyを介して配布することで、広告、プロファイルツール、Canvasを使用して独自のSpotifyエクスペリエンスをカスタマイズするための鍵が提供されます。これは、各トラックに追加できる短いループビジュアルです。このオプションも無料です。

※Canvasについての説明:Canvasを使うと、ループ再生される短いビジュアルをSpotifyの各トラックに追加して、今までにない手法でファンの注目を集めることができます。これこそ、ストリーミング時代のアルバムジャケットです。(引用元:Spotifyサイト)

Landr

Landrは、月額6ドルまたは年額48ドルからの料金で、すべての音楽ストリーミングプラットフォームに配布します。「アーティストに優しい」配布形態とプロモーションツール、無料の教育コンテンツが用意されています。

TuneCore

TuneCoreは、世界100カ国以上で150を超えるデジタルストアとストリーミングサービスへのアクセスを提供します。すぐにツアーを計画している場合に備えて、リスナーが誰で、どこから来たのかを理解するための包括的な販売データを提供します。配布価格は、リリースするコンテンツによって異なり、毎年継続されます。たとえば、シングルをリリースする場合、年間9.99ドルの費用がかかります。 TuneCoreにはマスタリングのメリットもあります。

コミュニティプラットフォームでデジタルダウンロードを販売する

デジタルダウンロードは、アーティストに、ロイヤルティだけでなく、音楽販売から直接利益を得る機会を提供します。ユーザーがコミュニティプラットフォームまたはウェブサイトから曲をダウンロードすると、お金はあなたのポケットに直接送られ、楽曲は消費者に直接送られます。

多くのアーティストは、主要なストリーミングネットワークに分岐する前に、無料のコミュニティプラットフォームを開始しています。コミュニティプラットフォームにあなたの音楽を持ち込むことで、あなたは新しい音楽を発見しようとしている新しいファン層にリーチできるのです。

Bandcamp

Bandcampを使用すると、アーティストは自分の音楽を宣伝および販売するためのオンラインストアを作成できます。Bandcampでファンはあなたの音楽を聴いたり、好きになったり、直接支払いをしたりできます。
曲やアルバムに任意の価格を請求して、まったく新しいコミュニティにアクセスできます。Bandcampには、音楽フィードやアーティストのおすすめなど、発見のためのファン機能が多数あります。

SoundCloud

SoundCloudマーケットはオプションとして、クリエイター仲間とつながり、将来のファンにリーチします。SoundCloudを使用すると、他のミュージシャンと協力してリアルタイムのフィードバックを得ることができますし、楽曲をデジタルダウンロードすることもできます。

音楽ライセンスサービスを利用する

音楽ライセンスは、組織または個人が有料で音楽を使用することを許可します。曲のライセンスを売って利益を上げることができます。最も規模の大きい音楽ライセンスは通常、映画制作、コンテンツクリエーター、広告主、およびブランドにより取得されるものです。

音楽ライセンスには多くの複雑な要素があります。たとえば、一部の企業は、アーティストに対し独占的な契約を求めます。したがって、コマーシャルに使用する曲を企業にライセンス供与している場合、映画制作用にこの楽曲を他の企業にライセンス供与することはおそらく不可能です。これが、音楽ライセンスサービスが有益な理由です。

しかし、さまざまな市場にサービスを提供する音楽ライセンスサービスはたくさんあります。小規模なクリエイターや企業は、少額の料金で大規模なコンテンツライブラリを備えた音楽ライセンスサービスを使用する可能性が高く、これらのサービスが受け入れる曲の基準は、あなたの求めている作品のレベルよりも低いものになるかもしれません。この市場にサービスを提供することに専念してしまうと、vloggerやソーシャルメディアのビデオクリエイター向けに多くのシングルを制作することになるかもしれません。

いずれにせよ、曲のライセンスを許可する前に調査を行うことが重要です。ここにいくつかのトップサービスがあります。

Epidemic Sound

Epidemic Soundは、あなたの音楽に対する独占的権利を取得し、前払いで支払います。そのため、カタログに登録すると、曲は他の場所に移動できなくなります。 Epidemic Soundは主に、サブスクリプションの支払い形態を通じてYouTubeクリエイターに提供し、32,000を超えるトラックをホストしています。このサービスを利用する大きな利点は、ストリーミングプラットフォームに配信し、プレイリストに音楽を売り込むことです。

LuckStock

LuckStockは高品質のロイヤリティフリーの音楽マーケットプレイスを創り出すことを使命としています。曲の収益の少なくとも50%は直接あなたに還元され、あなたはあなたの音楽のライセンスを保持することができます。つまり、制限なしで他の場所に曲を提供できます。

Music Vine

Music Vineは、インディーズアーティストやバンドにより厳選された楽曲カタログを保有し、インディーズ系の映画製作者にサービスを提供しています。独占ライセンスを提供すると、利益の60%を稼ぐことができます。

まとめ:音楽のマネタイズでお金を稼ぐ方法

音楽のマネタイズの素晴らしいところは、さまざまな戦術を試して、自分とあなたのライフスタイルに最適なものを見つけることができることです。これらの方法は絶えず進化しており、秘訣は常に視聴者に注意を払うことです。コミュニティプラットフォームは、新しいファンや仲間のアーティストとつながり、デジタルダウンロードを介して直接お金を集める絶好の機会を提供します。

ストリーミングプラットフォームではあまりお金を稼げませんが、ストリーミングサービスを介してSpotifyやApple Musicで曲を提供することで、ファン層へのリーチが広がることで、評価を実感できるかもしれません。

音楽ライセンスは長期的なゲームになる可能性がありますが、シングルが人気のある広告やコンテンツクリエイターのエンディングになるのであれば、それだけの価値があります。

バンドが売れだせば、ライブストリーミングとビデオコンテンツのパワーを最大限に利用できます。ファンは何度もライブストリームに戻ることができます。また、動画コンテンツはあらゆる種類のオーディエンスに信じられないほどのインパクトを与えます。

筆者の私見

予算に限りがある個人として自身の楽曲をセルフプロモーションをする場合、「まずはSNSに投稿してファンを増やそう」ということになると思います。YouTuberの苦労話ではありませんが、何の知名度もない個人が多くの視聴数を稼ぐためには地道な努力が欠かせないことと、アクセスが少なくても落ち込まない精神力が必要になるのではないでしょうか。

プロモーションのベースとなるのは、ウェブサイト(ブログが理想ですが)と考えています。アーティストの知名度を上げるには自分で決めたドメインでサイトを立ち上げ、そこでブログを更新し、認知度を上げていく。そこでのコンテンツ配信の基となるのが、YouTube、Vimeoなどの動画配信やSoundCloudのダウンロードサービスになると思います。そのベースができた上で、SNSでの投稿を行うという流れがオーソドックスな戦術ながら、良いのではと考えています。

そこまで実行した上で、上記Vimeoブログで紹介された有料のサービスを使ってみてはいかがでしょうか。

最近の記事

PAGE TOP