紙媒体の印刷データを使ってオンラインデジタルカタログを作りたい

スマホが主流となった時代でも紙媒体は無くならないのではないでしょうか。新聞、雑誌、パンフレット、カタログなど紙媒体と言っても様々な形態がありますが、特に業務用カタログはビジネス取引上、ウェブでの閲覧以外にお客様に直接配布する必要があるなどの理由で紙媒体の制作をされているケースが考えられます。

カタログ印刷でも利用されている自動組版の場合、使用するソースにCSVなどのテキストファイルを使うことで印刷の自動化が可能ですが、ウェブサイト構築の際に同じソース(テキストファイル)を使用することで、一元管理が可能となります。「DTP(デスクトップパブリッシング)ソフトとしてスタンダードなInDesignでの自動組版用に作成した元データをウェブサイト構築に流用したい」。こうした考えをお持ちの方におすすめする方法があります。

お客様の声

InDesignのデータをPDF化すればウェブ上で公開できるので、わざわざテキストを流用する必要はないのでは?

InDesign等で自動組版されたデータをPDFとして書き出してウェブに公開する方法もありますが、PDFのフォーマットではスマホ、タブレット、PCそれぞれに適したサイズに自動調整するのが難しいケースがあります。

解決策

閲覧するユーザーの利便性を考慮しますと、スマホ、タブレット、PCそれぞれに対応したHTML5仕様の『レスポンシブウェブデザイン』が適しています。自動組版で使用したテキストファイルをウェブサーバー内データベースにインポートすることにより、テキストデータを活用することが可能です。

紙媒体印刷に使用したテキスト情報をウェブサイト内に流用するメリット

SEOにも適したレスポンシブウェブデザインの導入

テキストデータをインポートし、HTML5を採用したウェブサイトなら「レスポンシブウェブデザイン」を採用することで画面サイズの変化に対応が可能です。

またテキスト情報を基に作成したHTML5の場合、パンくずリンクやウェブサイト内にハイパーリンクを付け加えることで検索エンジンにサイト内の文書構造を伝えることが可能になり、SEOの効果が高まる可能性があります。使用するCSVなどのテキストデータをウェブサイト内管理画面にアップロードし、効率良くウェブサイトに反映させることが可能です。

テキストデータをウェブサイトに流用する手順

1.ウェブサイト構築のための要件定義と設計作業

ウェブサイト構築の目的、数値目標などのヒアリングをもとにウェブサイト制作の企画をご提案をいたします。お客様の了承をいただき企画が決定次第、デザインとシステムの設計作業を行います。

2.テキストデータの編集作業

紙媒体用に使用したテキストデータを用意いただきますが、そのままでは使用が難しいケースが多いでしょう。紙媒体と異なりウェブ上で使用する場合、情報量を減らす必要もありますのでテキストデータの編集作業も必要になります。最終的にウェブサーバー内データベースにインポートできるファイルフォーマット(例:CSV)に変換します。

3.サイト内データベースにcsvをインポートしテスト作業実施

ツールを使って上記CSVファイルをサーバー内データベースにインポート。データが正しくインポートされているかのチェック作業をデータベースに管理画面にて行います。

4.画像のアップロード

設計書に基づき、指定された画像が格納されたフォルダをウェブサーバーにアップロードします。

5.デザインへの組み込みと表示チェック作業

インポートしたテキスト、アップロードした画像が設定したデザインテンプレートに組み込まれ、ウェブページ上に正常に反映できているかのチェック作業を行います。レスポンシブウェブデザイン対応のため、スマホ、タブレット、PC各デバイスにて表示のチェック作業を行います。

6.最終テスト作業

インポートが完了した後に文字情報や画像を変更する必要が生じた場合、管理画面にて更新作業が可能です。管理画面にて投稿記事の更新が正常に実施できるか、画像差し替えも問題なく実行できるかなど入力チェックを行います。

PAGE TOP