[Amazon Polly]多言語翻訳に対応したワードプレスプラグイン

AWS(アマゾンウェブサービス)が提供するサービス『Amazon Polly』はテキストを音声に変換するサービスです。

米国のAWSブログサイトにこの「Polly」対応のワードプレスプラグインの解説文がありましたので、まずはAWSの「Amazon Transtale」で試しに日本語に翻訳してみました。Amazon Translateで「英語→日本語」の翻訳結果を読んだところ翻訳能力にまだ未熟な点もあるようです。さらなる機械翻訳技術の向上を期待しています。現時点での自動翻訳の印象としては、その国の言語が全くわからない外国人にとってはある程度の参考にはなるのではないかと思います。
Amazon Web Service Blogの記事の原文はこちら

意味不明な箇所もありましたので、上記ブログの冒頭部分を筆者が(僭越ながら)修正しました。
下記文章はAmazon Translateで翻訳した文章の一部を筆者が修正したものです。

今年の初めに、私たちは、パートナーの協力を得て、WordPressのAmazon Pollyプラグインをローンチしました。 クリエイターやブロガーは、テキスト→音声変換機能が可能なこのプラグインを使用することで、ウェブサイト内の記事やサイト内の文章を高音質のオーディオフォーマットに変換することが可能になります。ローンチ以来、プラグインは改善され、Amazon Pollyが読んだ単語の発音をカスタマイズするために使用できる発音語彙のサポートなど、お客様がリクエストした機能を搭載することができました。 本日は、機械翻訳機能を含むプラグインのセカンドバージョンを発表させていただきます。 多言語に対応したコンテンツの提供は、多くのサイトオーナーにとって非常に多くの機会を与えています。英語はウェブ上の有力な言語ですが、英語を話す人はウェブ上のオンラインオーディエンス全体の中でほんの26%にすぎません。英語圏の外では、多言語環境が一般的です。WordPress用Amazon Pollyプラグインの新しいバージョンには、AWSの機械翻訳製品から提供されているAmazon Translateやニューラルの機械翻訳サービスが組み込まれています。更新したプラグインを使用して、クリエイターや執筆者は記事やサイトを、別の言語に自動翻訳することが可能になります。では、この新しい翻訳機能を使用する方法を見ていきましょう。WordPressのオフィシャルプラグイン・リーダでプラグインを検索することができます。すでにWordPressを使用している場合は、ワードプレス内のプラグインタブで「WordPressのAmazon Polly」を探してインストールしてください。

Amazon Polly for Wordressのダウンロードはこちら

関連記事

  1. [AWS]Elastic Beanstalk、使ってみました

  2. [開発者が使いたい言語]TypeScriptとは?

  3. [CakePHP4]AWS Linux2にPHP7.3とCakePHP…

  4. [Google Search Console]ページにリダイレクトがあ…

  5. [React]入門者向けYouTube動画

  6. [Amazon Polly]SSMLタグで発音記号を使用する

  7. [Python]pip(パッケージ管理システム)アップグレード

  8. Amazon Echo

    [ウェブシステム開発]Alexa開発スキルを学ぶ:その1

最近の記事

PAGE TOP