[WordPress5.x]新エディタ、利用していますか

このブログ記事のタイトルは、さくらインターネットのメルマガ、「さくらインターネットのユーザ通信」から引用させていただきました。

2018年12月に「WordPress5.0」がリリースされ、管理画面でおなじみのエディタにも大幅な変更がありました。新エディタは記事を書くスペース全体が白色のため、そのビジュアルにまず驚かされます。下図赤枠の「文章を入力、または/でブロックを選択」にマウスを近づけるとブロックが追加できるようになっています。

文章を入れるため、段落のアイコンを選択すると、白地スペースに段落ブロックが追加されます。いったん段落のブロックを作成した後、画像をアップロードする場合、画像ブロックを追加することになりますが、「ブロックの追加」ボタンは白スペースには表示されなくなるため、管理画面上部にあるプラスボタンをクリックして追加します。(下図参照)

ここまで使ってみて少々戸惑います。ブロック単位で記事スペースが埋まっていくのでちょっと使いづらい印象です。慣れればよいのかもしれませんが。

ワードプレスのバージョン4.xではセキュリティ上心配なのでアップデートしたいけれど、管理画面は旧バージョンでという方には「Classic Editor」が今のところお勧めです。下記プラグインページでのRatingは5つ星になっています。

プラグイン「Classic Editor」はこちら

さくらインターネット発行のメルマガ「さくらインターネットのユーザ通信」に掲載された情報とリンクは下記の通りです。

新バージョンへの移行に不安を抱える方に向け、当社では、新エディタの仕組みや、安全に効率よくWordPressをアップデートする方法をわかりやすく紹介するイベントを開催いたしました。当日の模様や、発表資料を「さくらのナレッジ」で公開していますので、ぜひご覧ください!

 

関連記事

  1. [AWS]Elastic Beanstalk、使ってみました

  2. [Google Search Console]ページにリダイレクトがあ…

  3. [Amazon Polly]英会話サイトオープンのご案内

  4. [Amazon Polly]SSMLタグで発音記号を使用する

  5. [ウェブシステム開発]VirtualBoxのインストール

  6. [SSL設定メモ]JPRSドメイン認証型

  7. Amazon Echo

    [ウェブシステム開発]Alexa開発スキルを学ぶ:その1

  8. [React]入門者向けYouTube動画

最近の記事

PAGE TOP