Amazon Echo

[ウェブシステム開発]Alexa開発スキルを学ぶ:その2

Amazon Alexaの「スキルの構成と対話モデル」を学ぶ。

「Alexaスキル開発トレーニングシリーズ 第2回」にトライした際の備忘録です。

カスタムスキル開発では対話モデルを理解することが重要です。対話モデルは、スキルで想定する場面と発話内容のパターンをあらかじめ設定することを意味します。

【設定項目】
1.スキルの呼び出し名:「サンプル星占い」で作成

2.スロットタイプを作成:「StarSign」という名前で、カスタムスロットタイプを追加します。
※スロットとは、ユーザーの発話内に含まれる可変ワードを変数として取得できるものです。

3.スロット値の登録:うお座、みずがめ座、やぎ座、その他をスロット値として登録。

4.インテント:場面やスキルの処理をインテントという単位で扱います。ここでは「HoroscopeIntent」という名前でカスタムインテントを作成。

5.インテント作成後、サンプル発話としていくつかの文章を登録しておきます。{}で括った箇所が上記3で登録したスロットタイプになります。

発話例 :
{StarSign} の運勢を教えて
{StarSign} の運勢はどう
{StarSign} の運勢は
{StarSign} の運気を教えて
{StarSign} の運気はどう
{StarSign} の運気は
{StarSign}

上記を基に解析したデータをエンドポイント(ここではAWS Lambda)に渡しLambda関数を実行します。

その後は、「テスト」タブでテストを有効にして、Alexaシミュレーターで発話の入力フィールドにテキストや音声で「アレクサ、サンプル星占いを開いて、うお座の運勢を教えて」を入力します。

これで無事に自動音声認識の機能の確認ができました。

参考サイト

Alexaスキル開発トレーニングシリーズ 第2回 対話モデルとAlexa SDK

関連記事

  1. [Alexa スキル開発]オーディオファイル作成

  2. [Amazon Polly]英会話サイトオープンのご案内

  3. [WordPress5.x]新エディタ、利用していますか

  4. [サウンド・マーケティング]なぜ、あの「音」を聞くと買いたくなるのか

  5. [オンライン英語テスト・スタート]TOIEC対策の前に基礎的な中学英語…

  6. [AWS]Elastic Beanstalk、使ってみました

  7. [Google Search Console]サイトマップの登録

  8. [ウェブシステム開発]VirtualBoxのインストール

最近の記事

PAGE TOP