[ドラム音源]SUPERIOR DRUMMER 3(スーペリア・ドラマー 3:GROOVESタブ-Part1

【コンテンツ】
インストール
Pro Toolsプラグイン設定
DRUMSタブ
・GROOVESタブ Part1(今回の記事です)
GROOVESタブ Part2:好みのドラムパターン(MIDIデータ)を使う
MIXERウインドウ Part1
TRACKERウインドウ
Superior Drummer 3を使った音楽制作実践編-1
Superior Drummer 3の特長
MIDIライブラリ:AOR Grooves MIDI

好みのドラムパターンを探すには?

「Grooves」 タブはインストールした数々のドラムパターン/ フレーズのMIDI ファイルを確認/ 選択できる画面です。Tap2Findで好みのドラムパターンを検索することが可能です。以下画像の赤枠部分をクリックすると、「Tap2Find」画面が立ち上がり、メトロノーム音が出ます。

【Tap2Findの操作手順】
ドラムスセット(下記画像)内の各楽器をクリック、あるいはMIDI キーボードなどを打鍵すると設定したクォンタイズでビートが検索音として記録されます。

1.Tap2Findで欲しいドラムパターンをメトロノームを聴きながら登録する
操作例)バスドラを叩く→シンバルを叩く→スネアを叩く

2.結果を表示する
上記1の後(各パートが設定された状態で)「Show Results」ボタンをクリックすると、検索内容がフィルターに追加登録され、「Grooves」 タブ内に検索結果としてMIDIファイルが表示されます。(下図参照)

「Tap2find」で設定したビート(下図黄色枠)とフィルター「Tap2find」(下図赤色枠内)が表示されているのが分かります。

3.補足情報:ドラムセットを変更しながら音を確認する
同じドラムパターンでもドラムセットを変更すると、ガラリと音の印象が変わります。 「Drums」タブで書きました通り、「Drums and Mixer presets」を変更することで、好みのドラムセットを選択することが可能なため、ここで違うセットを選択してみるのも良いでしょう。(下図黄色枠)

GROOVESタブ-Part2は後日掲載予定です。

関連記事

  1. [Amazon Polly]英会話サイトオープンのご案内

  2. [NATIVE INSTURUMENTS]macOS 11(Big S…

  3. [CakePHP]bakeでファイルを生成

  4. [AWS]EC2内へのMySQLインストールとRDSの設定

  5. [音楽制作]SoundCloudにサウンドデモを公開しました

  6. [Universal Audio]macOS 11 Big Surに対…

  7. Amazon Echo

    [Alexaスキル開発]Alexa Presentation Lang…

  8. [ドラム音源]SUPERIOR DRUMMER 3(スーペリア・ドラマ…

最近の記事

PAGE TOP